ふるさと納税するなら、限度額を知ってからキャンペーンや特集ページを見るべし

この記事のURLとタイトルをコピーする
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

年末になってくると、そろそろ「ふるさと納税」の季節。

返礼品の利率が高すぎると政府からお達しがあったりで、最近は還元率がちょっと下がった感はありますが、それでもやらなきゃ損です。

じゃ、なんでやらなきゃ損なのか?

ふるさと納税って実際は税金の先払いなんですが、何もしないと(ふるさと納税しないと)税金分のお金が目減りするだけ。ただ、それだけです。何ももらえません。
でもふるさと納税すると、実質2,000円だけでふるさと納税で支払った金額の3割~4割分の返礼品がもらえます。例えば人気の肉であったり、米や魚、野菜、お酒、その他いろんなものがあります。

ただし、いくらでもふるさと納税できるのですが、それだと損すること大。あなたの年収額によっていち番お得な限度額があります。限度額ギリギリがお得なんです。

それぞれ、ふるさと納税のサイトに限度額をシミュレーションできるページがあるので確認してみましょう。

さとふる ふるさと納税控除上限額シミュレーションのご案内
https://www.satofull.jp/static/calculation01.php
※源泉徴収票があれば、より正確な限度額がわかります。

あと、キャンペーンページや特集ページも要チェックです。同じ寄付でも抽選でお米やアマゾンギフト券などが当たります(季節によって変わります)。

限度額を調べてお得にふるさと納税しましょう

この記事のURLとタイトルをコピーする
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。
雑記
peaceful-workをフォローする
のんびりとお仕事
タイトルとURLをコピーしました