【ながらスマホ】で車を運転すると一発免停【2019年12月1日に施工予定】

この記事のURLとタイトルをコピーする
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

車の運転中、スマホに電話がかかって来たりLINEの音が鳴ったりするとめっちゃ気になりません?

「なんやろ?」

ついついスマホに手を伸ばしそうになるけど、運転中に持ってしまったらそれアウトーー!!

2019年12月1日(施工予定)からスマホのながら運転が厳しくなります。

スマホなど携帯電話をしながらの事故、2018年(平成30年)中のデータでは過去5年間と比べると約1.4倍だったそうです。

携帯電話使用等に係る交通事故発生状況(平成30年中)
 平成30年中の携帯電話使用等に係る交通事故件数は、2,790件で過去5年間で約1.4倍に増加しており、カーナビ等を注視中の事故が多く発生しています。また、死亡事故率を比較すると携帯電話使用等の場合には、使用なしと比較して死亡率が約2.1倍でした
携帯電話使用等に係る交通事故発生状況(平成30年中)

引用:警視庁:やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用

このデータは2018年度のものなので、現在だともう少し多くなっているかもしれませんね。

信号待ちで止まっている時はスマホやカーナビを操作しても良いのか?

これ凄く気になります。

結論から書けば「取締の現場の判断」だそうです。場合によっては違反ではないし、違反になる場合もあるということです。

例えば、信号待ちでスマホを操作してて信号が青に変わったのに気づかず、ふと顔を上げたら青になってて慌てて発信。その時スマホを片手で持っていたらアウトです(多分)。

取締現場の見解では「信号待ちで止まっているときは、すぐに発信できる準備が必要ですよ」ということで、信号待ちでスマホやカーナビ操作すると「完全な停止ではない状態」なので取締対象となるようです。

スマホやカーナビを操作する場合は、安全に駐車できる場所に駐めるか、どうしても道路上で止める場合はハザードを出すなどする必要があります。

じゃぁ、ハンズフリーでいいじゃんって思いますよね?

Amazonのハンズフリー検索一覧

実はハンズフリーでも、通話中はどうしても気がそれがち。注意散漫。何かのときにブレーキやハンドル操作が遅れて事故る危険性があがります。

ようはあれですよ。

運転中はスマホやカーナビには触らない

これが一番。事故ってからでは遅いです。

まぁあれです。ハンズフリーでの通話がダメなら、助手席の人とおしゃべりしてても注意散漫になりそうなので、これも危険じゃん!って理屈がでてきます(笑)

「ねぇねぇ、○月に行った映画の最後どうなったんだっけ?」

って聞かれたら、映画の最後を想像すると思うんですよね。で、一生懸命記憶をたどって思い出そうとする。この時、運転は注意散漫になってませんか?

多少屁理屈かもしれないけど、運転中ってこんなことは日常茶飯事。

安全運転しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました