シリコンバレー銀行破綻でIT業界に大混乱!スタートアップやベンチャーにどんな影響があるのか?

シリコンバレー銀行の破綻

シリコンバレー銀行(以降、SVB)は、シリコンバレーのハイテク新興企業に資金を貸し出す銀行でしたが、3月10日に経営破綻しました。その前の2日間で、株価は86%も下落。このニュースは米国市場に大きな衝撃を与え、ダウ平均株価は約2000ポイントも下落。

また、ニューヨーク州のシグネチャー銀行も事業停止に追い込まれるなど、SVBの破綻が引き金となって他の銀行にも影響が広がっています。

日本への影響

SVBの破綻は日本の市場にも影響を及ぼしています。世界の金融株はSVB破綻後3営業日で約62兆2000億円の時価総額を失いました。日本の金融株も売り圧力にさらされ、三菱UFJフィナンシャル・グループは一時8.3%安となりました。

実はわたしも三菱UFJの株を持っていたのですが、損切りしました(泣)

金融庁は外国債券に偏った運用がみられる金融機関を注視しており、金利上昇によるリスクに警戒。

また、SVBが資金を提供していたシリコンバレーのハイテク企業の多くが資金繰りに苦しみ、日本のベンチャー企業にも影響が出る可能性があります。

SVBの破綻原因

SVB破綻の原因は、FRB(米連邦準備理事会)の急速な利上げに伴い、資金調達と運用・貸し付けの財務バランスが悪化したこと。

SVBは、ベンチャーキャピタルファンドなどからの預金獲得で成長し、2022年3月末までの1年間で資産規模を約2倍に拡大しましたが、その一方で外国債券やハイテク企業への貸し付けに偏った運用を行っていました。

FRBが2023年1月から利上げを開始したことで、SVBの資金調達コストが急上昇し、運用収益が減少。さらに、新型コロナウイルスの変異株の感染拡大により、ハイテク企業の業績が悪化し、貸倒れリスクが高まりました。

これらの要因が重なり、SVBは増資に失敗して経営危機に陥る。

SVBの預金者はどうなる

SVBの預金者は、米政府の保護策により、全ての預金にアクセスできるようになるそうです。米政府は、SVBの破綻に伴ういかなる損失も納税者が負担することはなく、預金を全額保護すると表明。

また、SVBの預金者に対して新たな融資制度を設定し、資金繰りの支援を行うと発表しました。

SVBの預金者

SVBの預金者は、主にテクノロジー企業やベンチャーキャピタル、プライベートエクイティなどの金融機関。個人の預金者もいますが、比率は低いと思われます。

SVBは、先見性のあるテクノロジー企業のための「ワンストップ・ショップ」と自称し、単なる銀行ではなく融資から為替管理、個人の住宅ローンまで全てのサービスを提供するというのが売りでした。


以上が、シリコンバレー銀行の破綻についてでした。

ここから下は、bingAiに今回のSVB破綻について、架空の小説を書いてもらいました。なかなかうまく書けているんじゃないでしょうか?

SVB破綻についての架空小説

架空小説

※この小説では、「ABCD銀行(架空)」の社員や顧客、関係者たちの人間ドラマとともに、金融システムの裏側や政治・経済・社会への影響を描いていきます。

2023年3月10日、金融界に衝撃が走った。米国のスタートアップ企業向け融資で知られるシリコンバレー銀行(SVB)が経営破綻したのだ。この銀行はカリフォルニア州サンタクララに本社を置き、テクノロジーやライフサイエンス、ヘルスケアなどの分野に投資していた。その資産規模は約3000億ドルにも上り、米国内だけでなく世界中に支店や子会社を持っていた。

しかし、その華やかな表面の下では、深刻な問題が潜んでいた。SVBは過度にリスクの高い貸出しを行っており、多くの債務不履行や不良債権を抱えていた。また、米国債の大量購入により金利上昇リスクにさらされており、資金繰りが逼迫していた。さらに、内部統制やコンプライアンスにも欠陥があり、不正や不祥事が相次いで発覚していた。

この日、SVBは株式市場から撤退すると発表した。その直後、米連邦預金保険公社(FDIC)はSVBを閉鎖し、すべての預金を管理下に置いた。これは2008年のリーマン・ショック以来の大規模な銀行破綻であり、金融システムに深刻な影響を及ぼす可能性があった。

その影響はすぐに現れた。世界中の株式市場はパニックに陥り、金融株は大幅に下落した。米国ではFRBが緊急措置を発動し、金利を引き下げるとともに量的緩和を拡大した。バイデン大統領は国民に対し冷静な対応を呼びかける一方で、SVBと取引関係のあった他の銀行への支援策を検討すると表明した。

一方、日本では政府や日銀がSVB破綻への対応を協議した。日本の金融機関は外国国債を多く保有しており、なかでも米国債の保有高は約126兆円にも達していた。SVB破綻による米国債の価格下落や金利上昇は、日本の金融機関にも大きな含み損をもたらした。特に地方銀行や信用金庫などは、外国債券の運用額がピーク時と同水準まで高まっており、リスク管理が不十分だった。

そんな中、ある地方銀行が窮地に陥った。それはある地方に本店を置く「ABCD銀行(架空)」だった。この銀行はSVBと取引関係があり、SVBから融資を受けていた。また、SVBが投資していた米国のスタートアップ企業にも出資しており、その価値が暴落した。さらに、外国債券の含み損も膨らんでおり、資本比率が規制基準を下回る危機的な状況に陥った。

「ABCD銀行(架空)」は金融庁や日銀に支援を求めたが、政府はSVB破綻への対応に追われており、「ABCD銀行(架空)」の救済には消極的だった。また、他の金融機関も自己防衛に走っており、「ABCD銀行(架空)」への協力を拒否した。「ABCD銀行(架空)」は孤立無援となり、経営破綻の危機に直面した。

この銀行の運命はどうなるのか?そして、SVB破綻による世界的な金融危機はどこまで広がるのか?

この記事のURLとタイトルをコピーする
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。
雑記
シェアする
のんびりとお仕事

コメント

タイトルとURLをコピーしました