【ドメイン移管1円キャンペーン】バリュードメインからエックスドメインに移管する方法【自分用メモ】

今回は、バリュードメインからエックスドメインにドメイン移管する方法。

移管費用1円のキャンペーンをやってたので早速実行。

ドメイン移管1円キャンペーン
ドメイン移管が2022年12月28日~2023年3月31日まで1円キャンペーン

キャンペーン内容
 期間中に下記ドメインの移管料金が《1円》に。

 .com       1円
 .net       1円
 (ローマ字).jp 1円
 .info      1円
 .org       1円
 .biz       1円

※一人につき各ドメイン5個までなので、最大30個移管できそう。

大まかな流れは以下

バリュードメイン側の作業

  1. 他社へ移管するドメインのWHOIS情報公開代行の解除を行ってください。WHOISをご自身の情報で公開している場合は、2へ進みます。
  2. 認証鍵(Auth-Code)の確認をしてください。
  3. ドメインロックの解除を行ってください。
ドメインの他社への移管 | バリュードメイン ユーザーガイド
ドメイン登録・取得代行や、レンタルサーバーなどのサービスを提供するバリュードメイン。このサイトは、ドメインやサーバーの操作・設定方法や、支払い手順などをまとめた総合マニュアルです。

WHOIS情報公開代行の解除

WHOIS情報公開代行の解除 | バリュードメイン ユーザーガイド
ドメイン登録・取得代行や、レンタルサーバーなどのサービスを提供するバリュードメイン。このサイトは、ドメインやサーバーの操作・設定方法や、支払い手順などをまとめた総合マニュアルです。

コントロールパネル⇒ドメイン⇒ドメインの設定操作(登録済みドメイン一覧)
他社へドメイン移管したいドメインの「WHOIS」ボタンをクリック

変更方法は手順は以下の3通りに分かれます。

それぞれ、ページ下部にある「事前登録されているユーザー情報へ統一」の「ここをクリック」をクリックし、「変更」を押してください。

変更を押したあと、元のページに戻り「WHOIS代行は無効です」と変更されていることを確認してください。

認証鍵(Auth-Code)の確認

認証鍵(Auth-Code)の確認方法 | バリュードメイン ユーザーガイド
ドメイン登録・取得代行や、レンタルサーバーなどのサービスを提供するバリュードメイン。このサイトは、ドメインやサーバーの操作・設定方法や、支払い手順などをまとめた総合マニュアルです。

1.で「WHOIS代行は無効です」と表示されているページの下のほうに
「認証鍵情報」があるので「認証鍵(Authorization Info)」に書かれている
認証キーをコピーする

※はじめは、********となっているけど「パスワードを表示する」にチェックを入れると認証鍵が表示される

ドメインロック解除

ドメインロックの解除 | バリュードメイン ユーザーガイド
ドメイン登録・取得代行や、レンタルサーバーなどのサービスを提供するバリュードメイン。このサイトは、ドメインやサーバーの操作・設定方法や、支払い手順などをまとめた総合マニュアルです。

コントロールパネル⇒ドメイン⇒「ドメインの設定操作」より「ドメインパスワード/ドメインロックの設定」をクリック

移管したいドメイン名をクリックし、ドメインロック設定が無効になっているのを確認する
有効になっている場合はチェックを外し、無効にする

エックスドメイン側の作業

エックスドメインにログイン
エックスドメイン

右上の「ドメイン移管」をクリック

独自ドメイン一覧の入力欄に移管したいドメイン名を入れる(httpやwwwなどは不要)
入力したら「ドメインを検索する」ボタンをクリック

移管可能であれば認証コード入力画面が表示されます。
認証コード(auth code)のところに 認証コードでコピーした文字列を入力(貼り付け)する

「お申込み内容の確認・料金のお支払い」ボタンをクリックする

支払方法で簡単なのはクレジットカード

決済画面でカード番号と有効期限を入れる

数時間から数日で移管申請許可のメールが来るので、承認する
※下の画像参照

移管申請許可のメールが来るので、承認する

移管申請許可のメールが来るので、承認する

↓「移管を承認する」ボタンを押したあとの画面

申請承認完了画面

申請承認完了画面

承認されたらWhois代理公開設定をする

ドメイン移管完了のお知らせメールが届いたら、エックスドメインにログインし、「Whois代理公開設定」をする。

Whois情報ページのWhois代理公開設定のところで、「Xserver Inc.(弊社)名義で代理公開する」にチェックを入れて「Whois情報を設定する」ボタンを押す。

再度バリュードメインで最後の作業

【数時間から数日で移管申請許可のメールが来るので、承認する】

この承認したあと、再度バリュードメイン側で他社管理ドメインに変更するのを忘れないように。
※サーバーをバリュードメインで使用する場合のみ(エックスサーバーで使用する場合は必要ない)

バリュードメインでそれまで登録していたドメインを削除し、他社管理ドメインに再登録する必要がある。これがちょっと面倒で忘れやすい。

  1. バリュードメインのコントロールパネルにログインし、左サイドメニューから「ドメイン」⇒「ドメインの設定操作」に移動する
  2. 削除したいドメインの1番右にある「移動」をクリックすると、このドメインは操作出来ない旨の文章が表示される。削除する旨の文章リンクがあるのでそこをクリックして削除する
  3. コントロールパネルトップに戻って、メイン画面上のほうにある「他社管理ドメイン」をクリック
  4. 「無料ネームサーバー利用ドメインDNS設定」の画面下のほうにある「無料ネームサーバーを作成」ボタンをクリック
  5. 他社で管理しているドメインを入れ、登録ボタンを押す
  6. DNSサーバー設定の画面で、「当サービス内サーバーの自動DNS設定」のところから、ドメインを運用したいサーバーを”所持サーバーリスト”から選ぶ。保存ボタンを押す

.comや.netなど、超人気ドメインが《1円》で移管できる! 移管《1円》キャンペーン

『Xserverドメイン』が、2022年8月18日から2022年10月13日まで「ドメイン移管《1円》キャンペーン」を実施。

期間中は「.com」「.net」「.jp」などの対象ドメイン6種類が、どれでも驚きの《1円》で移管できます。

移管をするとドメイン名の有効期限が1年間延長されるため、ドメインを長く使うなら絶対お得!


ドメイン移管が2022年10月13日まで1円キャンペーン

キャンペーン期間

2022年8月18日(木)10:00 ~ 2022年10月13日(木)17:00

キャンペーン内容

期間中に申し込みした下記ドメインの移管料金が《1円》になります。

 .com       1円
.net       1円
(ローマ字).jp 1円
.info      1円
.org       1円
.biz       1円

※一人につき各ドメイン5個までの限定価格。

ドメイン移管はこちら

追記)バリュードメインも移管割引キャンペーンを時々やってるので利用する

バリュードメインも時々、移管割引キャンペーンをやってます。値段は忘れたけど、通常更新料の半分以下だったと思います。

つまり、エックスドメインとバリュードメインのキャンペーンをうまく利用すれば、ちょっと移管申請や手続の手間はかかるけど、安くドメインを保持できます。

バリュードメイン⇒エックスドメインにドメイン移管⇒バリュードメインにドメイン移管って感じ管理を交互にする

ドメインを取って運用してるけど、「まだ捨てるには勿体ない、あと1年ほど様子見したいな」って時にも使えるワザです。

 

この記事のURLとタイトルをコピーする
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。
メモ
シェアする
nonbirishiyokaをフォローする
のんびり 仕事

コメント

タイトルとURLをコピーしました